ドラクエ10ハウジング記録

メニュー

【ネタバレあり】よく分かる魔女グレイツェル

スマホゲーム「ドラゴンクエストライバルズ」で登場するザンクローネが活躍するお話しを紹介する記事の魔女グレイツェル編です(*'▽')

【ネタバレあり】よく分かるアイリ

まだ読んでない方はこちらからどうぞ



⚠注意⚠


ドラゴンクエスト10のVer2.0(ザンクローネ編)、Ver2.1(アイリ編)、Ver2.3(魔女グレイツェル編)の特定のシナリオのネタバレが含まれています。
ネタバレしたくない方は最初のキャラクター紹介まででストップして下さい。

舞台はメルサンディ村(偽)に戻り英雄と魔女の真実が明らかになっていきます!

魔女グレイツェル


英雄ザンクローネを恨みメルサンディ村を滅ぼそうとしている魔女。どうやら過去に何か因縁があるらしい‥。


村にいる吟遊詩人パニーニの依頼で、ザンクローネ救出のためこもれびの広場にある井戸の中へと向かう主人公。

そこで魔女グレイツェルと追い詰められているザンクローネを発見する。


なんとか退けるものの自身の体の状態を告白するザンクローネ。




満身創痍の彼だったがまた魔女の後を追いいなくなってしまった。

村に戻ると調査の依頼を出した吟遊詩人パニーノがその素性を明らかにする。



実はパニーノはもう一つのメルサンディ村にいるアイリの亡くなった祖父パンパニーニその人であった。

童話作家の彼は書いた物語の中に度々自分を投影したキャラクターを登場させており、そういったことが理由で魂が引き寄せられパニーノとしてこの世界に存在しているのだと話す。

そして彼はこうも語る、この村は童話の中の世界にあるメルサンディ村だと。

未完のまま悲劇で終わった童話をなぞるかのごとく魔女が村へと姿を現す。


ザンクローネの力の源は村人たちの信じる心。

その力の源を奪うために魔女が出した結論は、


村人たちの洗脳。

正式な童話の登場人物ではないため洗脳をまぬがれたパニーノと主人公。

童話の作者=物語を熟知しているパニーノは、ザンクローネに少しでも力を与えるために「ザンクローネパン」を主人公に作らせそれを祠にいるザンクローネに持って行けという。

祠にはパニーノの言う通り傷ついたザンクローネがおり、メルサンディ村の住人たちが魔女に操られたことを伝える。


座り込むザンクローネは自分の正体と過去にあった出来事をゆっくりと語り始めた。


自分が精霊でさびれた祠に唯一来てくれていた村娘にお礼が言いたかったこと、村を守り英雄と呼ばれ始めたこと、村娘が一緒に村を出ようと言ってきたが断わったこと、ある日突然村娘が姿を消したこと‥。


パンを食べ終えたザンクローネは元気が出たとお礼を言い、弱々しい足どりでどこかへと姿を消すのだった。

急ぎ戻るとザンクローネにパンを渡すことで物語が動き出すとパニーノは考えていたが、現状はザンクローネも魔女も姿を消し物語は停滞してしまっているのだと知らされる。

原因は現実世界で物語の続きを書き始めたアイリのスランプ。

孫に書ききってもらい童話の中の世界をなんとかしてあげたいと願うパニーノの協力で、彼女にスランプ脱出のきっかけを作るとまた物語が進み始めた。

変化しだした童話の中のメルサンディ村ではザンクローネが魔女と決着をつけるために行動を開始。

そして、戦いを挑んだザンクローネだったが、


弱った体では敵うはずもなく倒され、主人公も救出にくることを先読みされてしまい魔女の策にハマってしまう。

自分を犠牲にして村だけは助けてほしいと懇願するザンクローネ。


だが魔女はさらに苦しみを与えるために、ザンクローネを慕うラスカを操りトドメを刺そうとする。

希望を失いかけたザンクローネ。

けれどラスカは操られてなおまだ彼を信じていた。



ラスカの願いでザンクローネにわずかに力が戻る。


その最後の力で主人公を阻む障壁を破壊し主人公に魔女討伐を託す。

討伐を託された主人公はなんとか魔女を撃破。

倒れた魔女グレイツェルにザンクローネが語りかける。


ザンクローネは最初から魔女の正体が姿を消した村娘だったと気付いていた。

かつて村娘だった魔女は過去に起こった出来事を話し始める。

祖母が特殊な力を持っていたがゆえに村人から魔女と言われ嫌煙されていたこと、村人たちが自分を逆恨みし始め危険を感じザンクローネと一緒に逃げたかったこと、ザンクローネが不在時に捕らえられたこと‥、


そして、自分が本物の魔女に変貌してしまったことを。

(ここからアイリが描く途切れた物語のクライマックスが始まる。)




アイリが選び描いた物語は、メルサンディ村だけでなく魔女をも救う結末。





魔女グレイツェルクレルを救い生きて償えと伝えるザンクローネ。

自分を信じてくれたラスカにも最後の願いを告げる。







光りの中へと消えていくザンクローネ。

ラスカはクレルの手を取り彼女を助けることを誓い村へと連れていく。

そして、現実世界のアイリのもとへと行きメルサンディ村のお話しは終わりを迎える。




‥こうして ザンクローネは
その身に すべての恨みを引き受けて
消えていきました。
人間に戻ったクレルは メルサンディ村で
村人のためにはたらき つぐないを続けました。
やがて その真心は 村人の心を開いていきます。
メルサンディ村の英雄は もういません。
しかし その心は
永遠に 村とともにありました。












メルサンディ村でのストーリーは以上です(ノД`)・゜・。

童話の中の世界と現実の世界がリンクする不思議な物語でした♪

駆け足で紹介しましたが彼らのことが少しでも伝わっていれば嬉しいです。

ちなみに消えてしまったザンクローネですがストーリークリア後も定期的にある所で‥‥、気になる方は実際にプレイしてみてください(*'▽')

Gare-des-guillemins-01-300x300



キャラクター紹介一覧

Blog Lanking

Blog Lanking

☆最後まで読んでいただきありがとうございます☆

Sponsored Link




このエントリーをはてなブックマークに追加

Share / Subscribe
Tweets

Sponsored Link