ドラクエ10ハウジング記録

メニュー

【ネタバレあり】1300年前のお話のクリア後と考察

Ver4.2の新ストーリーの舞台は約1300年前のオルセコ王国(*'▽')



クリア後にもいくつかの伏線が回収されたりと盛沢山!

今回も妄想を膨らませてアストルティアの歴史ロマンに浸ってみたいと思います♪

 

 

≪以下ネタバレあり≫


 

 

 

 

歴史は容易に改変できない。しかし!




本来の歴史ではグリエが生き残るはずがギルガランが生き残り、後の子孫はどうなるのかと思いきや先祖が変わっただけで大きな変化はありませんでした。

(before)


(after)


しかし、逆に言うと過去世界で多少歴史を改変しても現代に上手く繋がるということではないでしょうか?

悲劇回避可能!?('Д')

魔封剣姫モルガン


現代の邪神の宮殿にいる魔封剣姫は元ゲルトの一族でモルガンという名前であったことが判明。




彼女を知る近しい人達が過去世界には登場しますが、現代にはもちろん一人もいません。

ヒメア様と同じで長い時間を生きた者にしか分からない寂しさが伝わってきますね(ノД`)・゜・。

ちなみにオルセコの大臣も彼女と近い人物です。


強国ドランド王国




そんな強国も邪悪なる力に飲み込まれて国民ごとモンスターと化してしまいました。

現代のオーガシールド等の魔物は、この時に変貌したオーガ達の末裔かもしれないとのこと。



この時代のオーグリードは戦国時代だったのとゾンガロンが暴れたせいとで、数多くの国や町が滅んでしまったようです。


アラハギーロの知将ハグニル



オルセコ王国と同時期に建国されたのがアラハギーロ王国。

とはいえ割と唐突に名前が出てきたので、今後のストーリーでアラハギーロが関わってくるのかも??

先代叡智の冠




時代は違いますがエイドスやルシェンダの年齢を考えると、シュトルケの時代(1000年前)まで生きていてもおかしくはありませんね(>_<)

そう考えた方が妄想が膨らみます!

人間になったアルゴングレート


呪術師(ガミルゴとの関係は不明)の力を借りて人間になった例の魔法生物達の一人。



愛する人と生きるために人の姿になったそうですが相手を見つけられませんでした(涙)

現代のランガーオ村で少しだけ後日談をうかがい知ることができます。



きっと幸せになってくれたんでしょうね(*'▽')

獣魔将ガルレイの正体


Ver2で登場した大魔王の配下の獣魔将ガルレイ。



悪鬼ゾンガロンとは血縁者であることは分かっていましたが、今回その正体が完全に明らかになりました。



サブクエストで改名した彼の名前と、先代オルセコの王(ゾンガロン)の血筋の人間であることから間違いないと思われます!

ただ個人的には彼も口にしている父親の名前が気になりました。



なぜか登場すらしていない「ゼルガン」というキャラをしつこくプッシュしてきます。

そう言えば獣魔将ガルレイの直属の上司の名前は、



‥‥、

豆知識も微妙だし‥、まさかね( ゚Д゚)

 

今回の妄想と考察は以上です!

 

オルセコ王国はカミルとアルヴァンの出会いの場所になったりと繁栄しますが、創世記を読むとこの後約400年後に滅亡します(/_;)

けれども時代を駆け抜けたキャラクター達がいたと思うと、ドラクエ10のストーリーをより深く楽しめますね( *´艸`)






【ネタバレあり】ストーリー考察一覧

Blog Lanking

Blog Lanking

☆最後まで読んでいただきありがとうございます☆

Sponsored Link




このエントリーをはてなブックマークに追加

Sponsored Link